PMSの症状は人それぞれ|余分な悪玉コレステロールが蓄積

目の疲れから来る症状

目の疲れ

眼精疲労とは、目の疲れから体に様々な不調を発症する疾患です。主な原因と言われているのが、目を長時間使うことと言われています。日常生活で良く使用するスマホやパソコンなどといったものを長い時間にわたって使用することで目を刺激してしまい眼精疲労を起こすのです。現代では特に目を使いすぎという傾向があります。以前よりもスマホやパソコンの普及が高くなり、誰でも使用することができるようになりました。学校や仕事でも使う機会は増えたことで、年齢に関係なく誰でも発症する可能性があるのです。またスマホなどは至近距離で見ます。近くにあるものを見るとき目はピントを合わせようとして筋肉が収縮します。筋肉を使い続けると次第に目が疲れてしまい、眼精疲労の原因となるのです。遠くのものを見ることが極端に少なくなってしまったことからもこの病気を引き起こしやすくなってしまったといえます。

眼精疲労の主な症状と言われているのが、目の疲れ、ドライアイ、充血、肩こりや頭痛、まぶたの痙攣、目のかすみなどといった症状があります。目に極端な負担がかかることで直接的な目の症状から肩こりや頭痛といった身体的な症状までたくさんの不調を発症してしまいます。これらの症状が発症したらすぐさま対策をしていくことが肝心です。眼精疲労を改善する方法はまず疲れた目をしっかり休ませることです。目の使いすぎが根本的な原因となる病気なので、日常的に使っているスマホやパソコンの使用時間を減らすことや、近くのものばかりを見ていないでたまには遠くのものを見るようにするということを心掛けていくといいでしょう。近くのものばかり見ていると目の奥にある筋肉が必要以上に働き、疲労が蓄積していきます。近くのものを見たら遠くのものを見るようにすると程よく筋肉を動かすことができて緊張をほぐす効果があるのです。そのほか、目を温めることも効果的です。お湯で温めたタオルを目に当てたり、お風呂に入るといった方法を取ると非常にいいです。目が疲れたなと感じたら、このような方法を使って目を積極的に温めていくと疲れが取れやすくなります。また、マッサージやサングラスなどをかけて紫外線を浴びないようにするといった方法も眼精疲労を改善・予防するのに効果的であるといえます。

Copyright © 2016 PMSの症状は人それぞれ|余分な悪玉コレステロールが蓄積 All Rights Reserved.