PMSの症状は人それぞれ|余分な悪玉コレステロールが蓄積

目の疲れから来る症状

目の疲れ

眼精疲労は目を長時間使っていることなどが原因となり、体の不調が起こる病気です。眼精疲労主な症状はドライアイや肩こり、頭痛、目のかすみなどといった症状です。改善するには、目をしっかり休めることと遠くのものを見るといいです。

詳しく見る

イソフラボンから作られる

栄養補助食品

エクオールは大豆から摂れるダイぜインという成分が腸の細菌によって変化したものです。エクオールは脳や血管、肌、骨などといった臓器を守ってくれる働きがあるのです。最も手軽に摂取する方法としてサプリメントの服用があります。

詳しく見る

ヘルシーな食事をしよう

サプリメント

体内に余分な悪玉コレステロールが蓄積していくと様々な病気にかかる恐れが出てきます。悪玉コレステロールを減らすには、ヘルシーな食生活を送ることが肝心です。高カロリーな食事ばかり続けているとコレステロールを溜めてしまいます。

詳しく見る

重くなるのは理由がある

女性

PMSとは、別名月経前症候群と呼ばれる女性特有の症状です。女性が月経前に感じる精神的、身体的な不調のことで人によって表れる症状や度合いも違ってきます。PMSの主な症状は少しのことでイライラしたり、突然泣きたくなったりといったことやぼーっとして集中力がなくなったり落ち着かないなどといった精神が不安定な状態になってしまいます。精神的な症状もありますが、体の不調も出てきます。主な身体的症状としては、乳房が張ってきたりニキビなどの肌荒れが出てきたり、腹痛、眠気、体のだるさ、むくみ、のぼせといった様々なものがあります。これらの症状は全て月経がはじまるおよそ一週間前ほどから表れはじめ、月経がはじまったら徐々に薄れていくといったパターンがほとんどです。全ての症状が表れるわけではなく、人によってそれぞれ違うのが特徴となっています。比較的症状が軽い人もいれば、歩けないほど重症な人もいます。重症になったら仕事や学校に行くのも困難になりますので、無理せずに自宅でしっかり休養を取りましょう。

PMSの症状が表れるのにはいくつか理由があります。主な原因と言われているのが、ストレスや食生活、その人の持つ性格や考え方、自律神経の乱れや体力の低下などが挙げられます。人はそれぞれ性格や考え方に特徴があります。PMSの症状が重くなりやすい人の性格的な特徴として真面目で几帳面、何をするにも完璧にしなければ気がすまない完璧主義者、負けず嫌い、自分に厳しいといった特徴があります。仕事や日常生活の場面で何かを成し遂げるときにうまくいかず必要以上に自分を責めてしまったり、真面目すぎて適当に羽目を外すことのできない人などがPMSの症状を重くしてしまうことが多いのです。重くならないためにも、ストレスはこまめに発散することや失敗などを重く受け止めすぎない、真面目になりすぎず適度に自分を許すといったプラスな考え方をするように心掛けていくことで症状を重くする可能性は低くなります。普段の生活習慣からだけでなく、精神的な要素からも重症になるケースがあるので気を付けていくといいです。

Copyright © 2016 PMSの症状は人それぞれ|余分な悪玉コレステロールが蓄積 All Rights Reserved.